製薬会社、調剤薬局、ドラッグストア・・・薬剤師の資格を活かした働き方。

薬剤師の資格を活かした働き方

製薬会社

製薬会社では、当然のことですが、薬剤師の資格が重宝されます。
まず、新薬の開発や新製品を市場に導出する際には、厚生労働省の承認が必要になりますが、その試験を行うには薬剤学の知識が必要になります。

 

必ず、必要と言うわけではありませんが、有利なことは間違いありません。
この部分に関しては、理学系の学部を専攻していればできないこともありませんが。

 

薬剤師の資格が製薬会社において、最も威力を発揮するのは、製造工場にあります。
医薬品を製造するのには、製造管理責任者を置くことが法律で定められています。
この製造管理責任者になるには、薬剤師の資格が必須となります。

 

ですので、製薬会社に就職することができれば、管理職になることは容易であり、大手製薬会社の工場長になることすらできます。

 

調剤薬局

調剤

薬剤師のオーソドックスな働き方として、調剤薬局があります。

 

大手の調剤薬局になると社会保険や福利厚生も大手企業並みに充実しており、育児中も無理なく働ける環境が整っているところも探しやすい。

 

場合によっては、大手製薬会社よりも給料が高い場合もあります。

 

ドラッグストア

調剤薬局以外にも、ドラッグストアも薬剤師資格が活かされる職場です。
地方都市のドラッグストアでは、薬剤師が不足していることから、第1類医薬品を扱えないところもあります。
このようなドラッグストアへ就職し、薬剤師の資格を生かして特別な待遇で働くこともできます。

 

現在、一部では薬剤師は飽和状態にあるとも言われていますが、まだまだ製薬業界や医薬品販売業界では不足しているのが現実です。

 

その他

その他、薬剤師資格で働ける職種として、薬物療法としての専門性が重視される病院薬剤師や、新薬開発にも携われる「治験業界」などがあります。
「治験業界」というと敷居が高く感じられるかも知れませんが、薬剤師から転身された方が多く活躍されています。